読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coreセレクト

素敵な商品のアレコレをネットで眺めて目の保養をするブログです

一生大切にしたい極上ガラスペン ノスタルジックな魅力にウットリなのです。

あなたはガラスペンというものをご存知でしょうか。
ペン先からペン軸まですべてガラスで作られた美しいペンのことです。
文房具好き、絵を描いたりカリグラフィーをされている方ならご存知の方も多いと思いますが、私が手に入れた14年前は今ほど有名でもなく、知る人ぞ知る文房具でした。

私のガラスペンはこちらです。

f:id:cyancy:20170201190409j:plain  

画像のガラスペンは、ひねりのはいったガラスの文様が水の流れのようで大変に涼し気です。日本製で佐瀬勇氏のガラスペンです。画像手前のガラスペンはペン置きもついています。

文房具の域を超えてもはや美術品といっても過言でない。(*´▽`*)

今日は、この美しいガラスペンについてご紹介していこうと思います。

 

 一生大切にしたい極上ガラスペン ノスタルジックな魅力にウットリなのです。

 目次

ガラスペンの魅力 ・特徴

ガラスペンは8本程度の溝があるガラス棒を使い、書くのに程よいペン先を手作業で作っています。ペン先に溝が多いのは液体の毛細管現象を利用してインクを吸い上げるからです。つまり、このガラスペンのペン先をインクに浸すと、インクがガラスペンに吸い上げられるんですね。ウィキペディアによるとハガキ一枚分は余裕で書くことができるそうです。私はハガキを書かないので本当かどうか知りませんけど、インクタンクの無いペンとしては、非常に優秀なのは確かです。

f:id:cyancy:20170201192051j:plain

 どう?このきれいなペン先。
眺めているだけでウットリなのです。(*´▽`*)

 

日本のガラスペンの歴史

ガラスペンの歴史については検索すれば似たようなことがそこら中に書いてあります。私が佐瀬工業所(後述)で14年前にガラスペンを買った時についていた説明の紙と全く同じ文章・内容なので、でどころは佐瀬工業所だと思います。言ってみればガラスペンの歴史=佐瀬工業所の歴史なので。

もともとガラスペンは日本で生まれました。明治35年に東京の風鈴職人の佐々木定次郎氏によって開発されたと言われています。のち、佐瀬米蔵の妻(えんさん)が定次郎さんに弟子入りし、明治45年に東京台東区で「カネモ印」として独立、現在は佐瀬工業所となっています。

明治から昭和までは竹軸・セル軸が主流だったものの、平成元年にペン先から軸まですべてがガラス製の、非常に美しい一体型ガラスペンが開発されました。

現在ガラスペンといえばこの一体型ガラスペンが主流です。
このガラスペンはイタリアのガラス工芸にも取り入れられ、現在はイタリア製のガラスペンも日本で人気があり輸入されています。

 

ガラスペン職人 佐瀬勇氏

日本製のガラスペンとしては、佐瀬工業所の佐瀬勇氏(二代目)が有名です。
8本の溝があるガラス棒を均等にひねり、水の流れのように美しい独特のねじり文様のスタイルを作り上げました。

f:id:cyancy:20170201192744j:plain

私の持っているガラスペンも佐瀬氏製作によるガラスペンですので、佐瀬氏特有の流れるように流麗な文様がみられます。これは1本1本丁寧に手作業で作成されています。

 

ガラスペンの使い方と注意点

ガラスペンはインクを使用します。ペン先をインクボトルの底にぶつけない様に気を付けてください。できればペン先を保護するためにインク瓶の底にスポンジを入れて使用するのがお薦めです。繊細なガラスペンは、ペン先が割れてしまうと使用できなくなるので注意が必要です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ルビナート[【RUBINATO】462 ボトルインク 10ml](筆記具)【RCP】
価格:972円(税込、送料別) (2017/2/1時点)

 

ガラスペンは使い終わったら必ず水洗いしてください。 
というのも、ペンをティッシュで拭くだけではペンに乾いたインクがこびりついてしまいます。乾いたインクがこびりつくことにより、ガラスペンの使い心地が悪くなったり、描く線の太さが変わったり、インクの吸い上げが悪くなるのです。

 

日本製のガラスペンは、なかなか手に入りにくい?

人気の佐瀬工業所のガラスペンも注文して手元に届くまでに数か月待ちます。
私が入手した頃より人気がでて、供給が追い付かないようです。

なので、今日は比較的手に入りやすいイタリア製のガラスペンをご紹介します。

 

ルビナートとボルトレッティの極上ガラスペン

イタリアもガラス工芸製品では大変に有名ですね。
ベネチアンガラス、ベネチアンミラー、ベネチアンミラー等々。イタリアのガラス工芸は歴史も大変古く、非常に高い技術を世界に誇っています。 

以下、イタリアから輸入されているお値段も手ごろで大変美しいガラスペンをご紹介していきます。

 

ルビナート ガラスペン

クラシカルなガラスペンは一本持っているだけで卓上の風景が変わります。
アンティーク雑貨とも相性が良くインテリア性も抜群。デスクに置いてあるだけで絵になる美しいペンなのでアンティーク好きな方にもお薦めです。

 

巧みな技術が用いられた日本製の一体型ガラスペンは、美術的にも優れた印象をうけますが、正直言えば私としては少し使いづらいです。なんでかっていうと、

美しすぎて使うのをためらうから。(/ω\)使うのが怖ひ
壊すのが怖ひ(/ω\)←貧乏性

その点では、ルビナートの一体型のガラスペンはカラフルで遊び心満載のうえに実用性に優れています。文房具として使いやすい形なので実際に使って楽しみたいならイタリア製のガラスペンがいいと思います。

気兼ねなく使えるお値段で、絵を描く方へのギフトにしても喜ばれます。インクもセットされていてすぐに使えるのが嬉しいですね。

 

 

実際に使っていただければわかると思うんですけど、ペン置きがあると非常に便利です。ペン置きもお揃いのガラスで揃えたいところ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ルビナート[【RUBINATO】 16/LEOペンレスト](筆記具 筆置き)【RCP】
価格:1944円(税込、送料別) (2017/1/28時点)

 

 

イタリアの文房具雑貨ならadesso(アデッソ)がお薦めです。

GIORGIO FEDONなどイタリア直輸入のお洒落なアイテムが揃っています。

 

 ボルトレッティのガラスペン

 ペン先だけのデザインもあるんですよ。Gペンなどを普段からお使いの方はペン軸をお持ちだと思いますので、こちらがお薦めです。お値段も手ごろで気を遣わない付けペンタイプなので、落として割れてしまった時用にいくつか色を変えて揃えても素敵ですね。 

 

ペン軸もガラスで揃えたい方はコチラがお薦め。
素敵ですね。

 

美しさにウットリなのね(*´▽`*)←ガラス製品が大好き

一体型のガラスペンも素敵なんですが、その日の気分で色を取り換えたりできるし、壊れやすいペン先だけ交換できるので長く使うなら付けペンのタイプが便利です。

在庫が少ないのでご検討はお早めにどうぞ。

 

以上、本日は私の愛するガラスペンをご紹介しました。

 

 【ガラス関連記事】 

cyancy.hateblo.jp

cyancy.hateblo.jp