読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coreセレクト

素敵な商品のアレコレをネットで眺めて目の保養をするブログです

カゴという魔力 【手編みのバスケット】

インテリア

 

カゴが好きです。よくお店に並べられた手作りのカゴを眺めます。

できれば手の込んだ、しっかり隙間なく編まれたカゴがいい。
アチコチ持ち歩いて、なんでも放り込めるような丈夫なかごがいい。
毎日部屋に出しっぱなしでも飽きないようなカゴがいい。

 

カゴへの希望・要望はつのるばかり (/ω\)もう選べない。

 

カゴには魔力があるようです。私はそれに逆らえません。
なんだかんだ言いつつ今日もネットでカゴを眺めます。
今日は、私が素敵だと信じて眺めているカラフルなカゴ(バスケット)をご紹介します。目を惹くスパイシーな色遣いが憎い(≧▽≦)

インドアで、アウトドアで、ぜひ使ってみたい(と、妄想して楽しむ)

 

カゴという魔力【手編みのバスケット】

かごバスケットLサイズ・アフリカ・ガーナ・ボルガバスケット・Pot Basket


 

サイズ: 高さ40cm(取っ手含む) 直径42cm かご深さ26cm
材 質: わら・羊革
制 作: ガーナ製

 

ガーナ製だそうです。わらを染めて丁寧に編み込んであります。細かい作業で美しく柄が浮き上がっています。 うわー素敵(´▽`*)
スパイシーな色使いがいいですね。なかなかお店では手に入らないようなピリ辛な色の組み合わせです。コロンとしたフォルムも可愛い。

 

多少の色落ちに配慮が必要のようですが、持ち手を皮で仕上げているのも素敵。持ち手は手袋などに使われる羊革製なので感触も良く、やわらかく手に馴染みます。

  

かごバッグ・ウィングバスケットLサイズ・アフリカ・ガーナ・ジュードバスケット・Wing Jute Basket L


 

サイズ: 高さ45cm(取っ手含む) 幅47cm かご深さ38cm マチ27cm
材 質: ジュート(黄麻)・わら・羊革
制 作: ガーナ製

 

透かし編みを施してあって、網目の美しさが最高(≧▽≦)
透かし編みのデザインや色あいが涼やかな夏向きのカゴバッグです。持ち手に皮が巻かれていて、手に馴染むのがいい。

 

 わらだけでなくジュートを使用しているのですね。素材感もいいです。同じ値段の市販品や日本のハンドメイド作品と比べても安い価格だと思う。

 

バオバブバック Lサイズ/アフリカのかごバック ケニア/ブラウン/ダークグレー/アイボリー


 

 サイズ 高さ30cm×幅42cm
底面直径32cm  持ち手の高さ24cm
産地 ケニア
素 材 バオバブ
取っ手:牛革
重 さ 620g

 

バオバブで作られてるんです。素材がバオバブ。画像からみてもお分かりかと思うのですが、とても細かく編まれたバッグです。季節を問わないやわらかい色を組み合わせてあって、1年中活躍しそうです。値段が手ごろなのも素敵要素。

 

取っ手部分は牛革だそうです。持ちて部分に革を使っているところも使い勝手を考えてあっていいと思う。この大きさでこのお値段、なかなか見かけません。

 

うわー、欲しい (/ω\)もう、片っ端から欲しい

 

かごバスケット・ランドリーバスケットMサイズ・アフリカ・ガーナバスケット・Laudry Basket M size


 

サイズ: 高さ44cm(ふた含む) 直径40cm
かご深さ42cm
材 質: わら
制 作:ガーナ製

 

熱い地域の独特の色づかいがカッコイイと思う。シンプルなカタチに徹しているので、スパイシーな色と柄がより引き立ちます。普段の生活からはたどり着けないような色合わせがとても創造的で勉強になるのです。

 

ランドリーバスケットと明記されてますが、色落ちが心配なので、はて、洗濯物を入れておいて大丈夫なのかなぁ?っという疑問が残りますな。
インテリアとしては十分な存在感なので、他のインテリアとぶつからないように(ゴチャゴチャした印象にならないように)よく考える必要があると思います。

 

でも、カッコイイのよね (/ω\)夫にはわかってもらえません。

カゴを選ぶ際の注意

カゴは素材によって印象が変わります。籐製のカゴは網目にホコリが入ると汚く見えるので気を付けます。
海外のカゴは日本基準で作られていないのでそこを考慮して選びます。
色落ち、色あせなどに神経質な方にはむきません。
ささくれ等はどうしても発生しますので、洋服に引っかからないように気を付けて使用してください。
カゴは湿気の多いところに置いておくとカビが生えます。ときどき陰干しして風に当てると長持ちします。

 

以上、私が素敵だと信じてやまないカラフルなアフリカのカゴをご紹介しました。

スパイシーな雑貨ならこちらの記事もご覧ください 

cyancy.hateblo.jp