coreセレクト

素敵な商品のアレコレをネットで眺めて目の保養をするブログです

手ぬぐいコレクション【クリスマス柄】

 

手ぬぐいって、一般的によく売れるのは夏柄だと思います。浴衣にあわせて夏に紹介される場合が多いからです。

なので、手ぬぐいの記事では夏柄を中心にご紹介しました。 

 

しかしですね奥さん、
手ぬぐいにはクリスマス柄なんていうのもあるんですよ。
で、想像以上に素敵な柄がたくさんあるんですよ。

 

(´▽`*)奥さん、事件ですよ!!!

 

本日は前回ご紹介できなかったクリスマス柄をご紹介します。
手ぬぐい専用の額縁に入れればインテリアとして楽しめます。

まず、手ぬぐい専用の額縁ならこちらをどうぞ


 

※手ぬぐいは額に入れる前に糊をつけてアイロンをかけておくとシワがよらずにキレイに額に収まります。

 

手ぬぐいコレクション【クリスマス柄】 

Holy Light(ホーリー ライト)


 

ステンドグラスのような切り絵調の柄が斬新です。レビューの多さも断トツの人気柄。手ぬぐいと言えど確かにこれなら額に入れて飾っても素敵だと思う。

 

Christmas Chapel(クリスマス チャペル)


 

教会にサンタとトナカイが二人寄り添っています。可愛い(´▽`*)
正面、祭壇にはクリスマスプレゼントが! 可愛い(´▽`*)

しつこいですが可愛い❤(´▽`*)

 

Seacret Tree(シークレット ツリー)


 

何がシークレットなのかはわかりませんが、レース模様が繊細なクリスマスツリーが綺麗。

 

ファンタジーツリー


 

ファンタジーツリーとあるように、幻想的な雪の結晶のツリーです。ただ、レビューをみてみると「思っていたのと色が違う」だの「クリスマスカラーじゃない」だの書いてありますので、画像と実物の色が多少違って見えるかもしれません。

 

ネットで「てぬぐい」を買うなら

染の手ぬぐいを買いましょう。プリントの手ぬぐいより発色がより繊細です。
画像はご覧の液晶設定によって色が異なって見えます。繊細な色はなおさらです。また、色の見え方は個人差があることを念頭において選びましょう。「画像と違う色だった」と怒ってレビューを書いている人は、その辺の認識が不足していることを自分で晒しているも同然です。

もともとは手ぬぐいは日常の布、例えば布巾やハンカチ、タオルのようなものです。庶民の普段使いの布としてザックリ大雑把に楽しむのがポイントです。

 

今日ご紹介した手ぬぐいは以下のネットショップで販売しています。
風呂敷、掛け軸、和雑貨、和装小物専門店!和を楽しむ総合サイトです。手ぬぐいの種類も数も豊富で見ていて楽しいのでぜひ一度ご覧ください。

わざっか本舗

 

画像をクリックするとお店を覗けます。

 

 以上、クリスマス柄の手ぬぐいをご紹介しました。

 

クリスマスのディスプレイ関連記事 

cyancy.hateblo.jp