読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coreセレクト

素敵な商品のアレコレをネットで眺めて目の保養をするブログです

磁器の白い醤油さし 【東屋】

 

 醤油さしはガラスを使っています。中身が見えるので一目でお醤油の量がわかって便利です。私はガラスの醤油さしを使っていて、全く液ダレしないこと・いつまでも清潔に使えるところが気に入っている。

cyancy.hateblo.jp

 

その点で比べると磁器の醤油さしは、中身が見えない(空になってもわからない)・磁器によっては醤油色の染みができるものがある・液ダレが気になるモノが多くて、なかなか使う気になりませんでした。

しかし、今日は磁器の白い醤油さしをご紹介します。

この醤油さしは釉薬を丁寧にかけてあるので醤油が染みないのが特徴。いつまでも白く美しいままお醤油をさしてくれます。

液ダレのしにくさで言えばガラスの醤油さしだと思いますが、こちらの磁器の醤油さしも液ダレの心配がないようです。料理を選ばない白い磁器、持ちやすさを考えた丸いフォルムがいいですね。

 

磁器の白い醤油さし【東屋】

最高に使いやすい、液垂れしにくい、定番の醤油差し 日本製


 

 東屋の醤油さしです。 人気商品で在庫がありませんが予約販売しています。

 

最高に使いやすい、液垂れしにくい/お酢差し/醤油入れ


 

こちらは先に紹介したお醤油入れより少しだけ大きくして手の中に納まり易く持ちやすくしたお酢入れです。もちろんお醤油だって入れられます。

 

とっても欲しいけど、これ以上醤油さしは我が家には要らないので眺めて我慢するのです。

(/ω\)残念ね

 

つるんとした磁器は白くて清潔感があります。フタのつまみの形までよく考えられたデザインだと思います。

Shinwashopの店長さんが一押しのコメントを書いていらっしゃるので引用します。 

この醤油差しの素晴らしい点は、デザイン 素材 生産背景の安心 で デザイナーさん、職人さん、メ ーカーさんの苦労と拘りの結集で完成した商品、 というのが使う度に、ひしひしと伝わってくる逸品です。
制作は東屋さんデザインは猿山修さん 製造は白岳窯さん(長崎県波佐見) 型は金子哲郎さん(佐賀県有田) 素材は熊本の天草陶石。
すべてが日本製、これぞ醤油文化を知り尽くした、日本人による日本人の為に 作られた物

私達シンワショップが自信を持ってセレクトした 非常に使い易い【東屋の醤油差し】は、必ず 皆様のお気に入りになると思います。

 

 そのこだわりぬいた白い磁器の醤油さしは以下のショップで予約できます。お酢入れは在庫があるそうです。 お酢入れのほうが容量が大きいので、お醤油をよくお使いになる方はお酢入れのほうをお醤油さしとして使うのもいいですね。

 

私は眺めて我慢しますけど。

 

 Shinwashopはちょっと見かけないこだわりの雑貨がたくさん。見ていて楽しいネットショップです。 

画像をクリックするとショップをご覧いただけます。

 

以上、清潔感のある白い磁器の醤油さし、お酢入れをご紹介しました。  

和の食卓関連記事はこちらをご覧ください 

cyancy.hateblo.jp