読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coreセレクト

素敵な商品のアレコレをネットで眺めて目の保養をするブログです

可憐な陰影 煌めくガラスのペンダントライト

インテリア

 

 結婚して、こどもができて、生活する空間が慌ただしく、せわしない空間になってきました。家にはいつも家族がいて、幸せだけど散らかって雑然とした部屋。気が付いたら私はガサツなオバサンになっていて、

自分の居場所は台所。(/ω\)アカーン

 

このまま老けていくことに危機感を覚え、自分の時間を大事にしようと台所の片隅を改造して自分だけのスペースを作りました。
そこへ私が嫁いだ先のおばあちゃんの使っていたアンティークな足踏みミシンを置いています。足踏みミシンをかけたり、ミシン部分を収納して机として書斎代わり(?)に使っています。その際手元が暗いので、台所の照明のコードを長くして移動させ、私のスペースの真上にペンダントライトをつけました。
不思議なことに机と椅子を置いて、ペンダントライトを下げるだけで人間の脳内では空間が台所と区切られて、一つの部屋があるように感じられます。そこは私の専用のスペースになりました。ライトの位置と照明を変えるだけで、驚くほど素敵でロマンチックな空間になります。(私の脳内で)

そこに流れる時間は私の大切な乙女時間(脳内で現実逃避)

ロマンチックな照明は、毎日のせわしない気分から自分だけの大切な時間へのスイッチです。(私の脳内で)

 

本日は素敵なペンダントライトをご紹介します。ぜひあなただけのスペースを、あなただけの照明で素敵に演出してください。あなたの心の休まる場所、またはほのかにときめく場所、そこはあなただけの大好きな居場所になると思います。

さぁ、まずは煌めく照明を眺めて妄想しましょう。

 

可憐な陰影 煌めくペンダントライト

ペンダントライト HERBE 


 

ロマンティックなカットが施された可憐なペンダントランプです。静かな雰囲気が静かに流れる落ち着いた大人時間を演出します。主張しないクリアなガラスのペンダントライトなので、照明インテリアに自信のない方もインテリアとの組み合わせに失敗しません。 

 

レトロ浪漫 切子のガラスペンダントライト


 

昭和の香りが漂うムーディーなペンダントライト。色・柄違いがあります。

本当にレトロな印象です。これは海外生産のペンダントライトで、「切子」とありますが海外でガラス面をカットされています。
使うのが非常に難しいデザインなので普通のご家庭での照明としては「やりすぎ、狙いすぎ」感も否めません。しかし、上手にインテリアに取り入れれば、かわいらしさが際立ちます。
あえて洋風のインテリアにもあわせたい。インテリア上級者にお薦め。

 

 ガラスペンダント Foresta 


 

この形のライトは10年以上前から人気があります。ガラスシェードの華奢なフォルムが女性に人気。昔はヴィンテージ感のあるミルクガラスのような白いシェードが人気がありましたが、グリーンのガラスシェードのほうが、よりアンティークな雰囲気ですね。

 

ペンダントライト ステンドグラス Quartz


 

ダイヤ型の美しいペンダントライト。こちらはガラスをはめ込んだステンドグラスです。クリアなガラスで目を惹くフォルムなので、2~3個ほど小さいサイズを連続して並べて使ってみたい。 

 

以上はネットショップASKMからご紹介しました。とても素敵な照明インテリアを販売していますので、眺めるだけでも楽しいです。以下の画像をクリックするとASKMショップが覗けます。

 

 

 ステンドグラスのランプ 各種

好みにあわせて、生活スタイルに合わせて、和スタイルから洋スタイルまでいろいろ選べます。和にあわせるとレトロな雰囲気に、洋にあわせるとカントリースタイルに、さまざまに変化を楽しめて使いやすい。若い夫婦のオシャレな新居のお祝いにもいいと思う。

 

木製のライトシェード 日本の作家 

ガラスではないので話がそれてしまうのですが、日本の照明作家の照明もスバラシイのでご紹介します。
巧みに計算された華やかな印影が美しい。木製で、薄い板をまげわっぱの技術を用いながら加工します。
本当の大人の贅沢品ってこういうことだよね、とおもわずウットリします。こちらは小さなスペースには向いていません。家のメイン、インテリアのメインとして愉しみたい。

 

以上はインテリア照明専門サイト【TERRASSEO(テラッセオ)】で探すことができます。多様な照明が多く、新築一戸建てやマンション購入の夢が広がります。(/ω\)夢ね、夢。

 

  

照明を選ぶ際の注意

購入の際には部屋の照明器具の取り付け部分にきちんと取り付けられるのか必ず確認します。ペンダントライトは意外に目立ちますから、お部屋の雰囲気に合うかどうか、慎重にイメージしながら選びます。
電球が露骨に眩しい照明、きらびやかすぎる照明、そして電球を覆って暗すぎる照明、と様々なタイプがあります。本を読むのか、お酒を楽しむのか、用途にあわせて適切な照明を選んでください。

 

照明については以下の記事もあわせてどうぞ

cyancy.hateblo.jp

 

以上ガラスのペンダントライトをご紹介しました