coreセレクト

素敵な商品のアレコレをネットで眺めて目の保養をするブログです

国産キッチンカウンターを改造して食器を収納したら使い易くなった!

結婚して以来、ずっと組み立て式の小さな食器棚を使っていました。

おカネもなく、洒落た家に住んでいるワケでもなく、新婚の夫婦二人。たいして食器があるわけでもないので、狭いアパートに幅90cmと幅60cmの背の低い食器棚を二つ並べて150cmのカウンターを作って、キッチンを使いやすく工夫をしていたのです。

最初はアパート住まいでしたから「引越しする」という大前提もあり、重い家具より組み立て式の安くて軽い家具を好んで使っていました。

だいたいこんな感じの小さめの食器棚です。90cmと60cmの幅の物を並べて、全ての食器を入れていました。


 

 

ただ、こういった家具はどんなにオシャレに見えても、カラーボックスです。木のように見えますけど紙の化粧板を使っていたりします。
そのため長く使えば、丁寧に使っていても化粧板が汚くなってくるのですね。
我が家では10年間、食器棚としてつかっていたので天板のキズに水分が入り込み、盛り上がってデコボコになり、どんどん汚くなっていきます。

 

貧乏くささが増すのよ (/ω\)テンション下がるわー⤵⤵⤵

 

 

そこで新しい食器棚として使うべく、キッチンカウンターを新たに購入することにしました。

現在は小さな一軒家に住んでいまして、カラーボックスの組み立て家具を並べるより、もう少しだけ良い雰囲気の食器棚を買いたいのです。食器を整理すれば幅120~130cm程度のカウンターが一つあれば十分なので、そのくらいの大きさのカウンターを探すワケです。

 

が、
(/ω\)無い。

 

幅120cm程度のカウンターが見つからない。
幅がちょうど良いと高さや奥行きが足りない。
今はシステムキッチンが主流なので、なかなか需要も無いんでしょう。昔ながらのでっかい食器棚か、小さなカウンターしか見つからないのです。

探しに探してやっと見つけたカウンターはレンジや炊飯器を入れる家電収納用のカウンターでした。でもサイズがちょうど良い。

悩みに悩んで、予算オーバーでしたけど買うことにしました。
今日はそのキッチンカウンターの使い心地について書いてみたいと思います。

 

 

国産キッチンカウンターを改造!
食器を収納したら使い易くなった!

 買ったカウンターはコレね、これ。
国産で完品納品だから自宅で組み立てなくて良いの。


 

 

目次

購入の決め手

サイズ良し。
高さ、幅と奥行きが希望に近かったことが購入の決め手です。

見た目良しです。
カラーボックスと同じ類の化粧版ですけど、プリントされた木目も自然で、裏側も木目調の化粧板が貼られているのでキッチンとリビングの間に間仕切りとして置いても違和感ないです。

購入の際に考慮した課題

このカウンターは、真ん中にレンジが入る家電スペースがあるのね。
画像をクリックして商品ページを見ればわかるんですけど、この家電スペースは炊飯器の蒸気を外に逃がす設計のため、スライドレールで引き出しのように手前に引き出せるようになっています。
あと、天板にたくさん物を並べても使いやすいように、天板の下にももう一つ作業スペース用の天板が収納されているのね。これもスライドレールで引き出せるようになっています。

我が家ではレンジや炊飯器はスチールラックにひとまとめしているので、このスペースをどう使うのかが問題ですが、とりあえず家に届いてから考えることにしました。

 

安い店で買ったら配達が問題だった

この家具は人気商品のようで、入荷次第発送となっている店が多かったです。
その中で私が購入したのは、ネットでも格安の価格なうえに送料無料になっていた「PotaricoPublicc」というお店。

 配送は日付指定できないとのことで、なんだかこの店の契約配送業者がトラックに荷物を積んで日本中を回りながら1件づつ家具をおろしていく配送システムらしいのね。
「事前に配送日時を指定するのでその日のその時間は必ず家にいてください」的な不思議配送システムです。家にいない場合は再度他の荷物をたくさん乗せて日本中に配り回るときに合わせて配達するから、再配達はかなり日にちがかかりますよ&送料をとりますよ、というシステムです。

普段家にいる私にたまたま学校の行事が入り、そこへ配送日が重なったワケです。
1日前に配送業者から時間の連絡が入るが、ばっちり行事と時間が重なってしまった。

しかし業者は私の事情で時間をずらすことができないと言う。仕方ないので夫に仕事を抜け出してもらって家に居てもらいました。

 

家に帰ってみたら、届いていました。会社に戻る夫にお礼を言って家具を一人で台所まで運ぼうとしたら

重い (/ω\)押しても引いてもビクともしない

これは重いね。
男の人、もしくは力自慢の人でない限りは動かすのに苦労します。30分以上かけて移動しましたが、段差が持ち上がらずに腰を痛めました。(T_T)

そんなことから、多少金額が高くついても大きな家具は日時指定・設置可能な配送を扱うお店を選んだほうが良いと思います。

ただ、安さで選ぶならPotaricoPubliccが断トツです。

 

天板の下のスライド天板が無意味だった

天板にたくさん物を載せても、ちょっと飲み物を載せたり作業できるようにスライド式の天板がついています。中のスペースに炊飯器を入れて蒸気を逃がすことのできるように家電スペースにもスライドレールがついて引き出せるようになっています。

実質可動域は23センチ以下です。(/ω\)役に立たない

これでは炊飯器を載せてもおそらく蒸気は外に逃げないでしょう。炊飯器を載せようと考えて購入するには若干難がありそうです。

 

天板の下のスライドレールは要らないよね。と、しばらくの間眺めていたんですが、日本製の家具はすごい。スライドレールは接着剤を使わないでビス止めしてあったので、スライドレールを取り外して好きな位置に付け替えることができそうです。

よって即、改造開始です。

改造 before 


 

 

改造後 after

f:id:cyancy:20170802231305j:plain

ゴメン、食器棚、すでに食器入れて使っているのでわかりづらいかもしれませんが、天板の下に収納されていたスライドレールと天板をはずして、グラスの高さに合わせて20cmほど下に付けなおしました。※レールは水平になるように気を付けて取り付けます。

家電スペースに棚がついたので、コップやら何やらをまとめて収納です。
ミニマリストではありませんがシンプルにつつましく生活しているので、4人暮らしの我が家で普段使う食器は全てこのキッチンカウンターに収納できました。
ちなみに下の引き出しは深くて収納力があるので買い置きの食材や乾物が入っています。

化粧板なので濡れると傷みますから、シートや布を敷いて使うのが良いと思います。

 

スライドレールはこのように

f:id:cyancy:20170802232155j:plain

 

腰を曲げたりしゃがんで中を覗き込まなくても、棚を引き出すだけで食器やコップが楽に出せるので便利になりました。炊飯器を置くには微妙な可動域ですが、食器棚にするなら十分便利です。

(*´▽`*)使いやすい~

引き出しタイプのものと違って、何がどこにあるのか棚の前に立てば一目瞭然なので、夫やこどもたちも使いやすいみたいです。

思った以上に使いやすくなったことと、日本製ということもあるのでしょうか、日頃組み立て家具やカラーボックスに慣れてしまった私にとっては想像以上にしっかりした家具なので大変気に入って使っています。

毎日使う家具なので、落ち着いた色あいとデザインも非常にいいと思います。

 

大人の雰囲気に似合うキッチンカウンターをお探しの方にお薦めです。空間の間仕切りとして使っても素敵だと思います。


 

 

同じデザインで、テレビボードやワークデスクなどがありますので、シリーズで揃えてもカッコイイと思います。

 

以上、本日はキッチンカウンターの使い勝手をレビューしました!