coreセレクト

素敵な商品のアレコレをネットで眺めて目の保養をするブログです

折りたたみキーボードがスゴすぎる!

コンパクトなノートパソコンを持っているのですが、思ったほど外出先で活躍する機会がない。

最近はWebライターとして仕事をこなすようになってきた私ですが、相手先の打ち合わせで自分のパソコンが活躍した試しがない。(/ω\)悲しいね

Webライターはパソコンを持ち歩いているイメージが強いですけど、
コンパクトといっても、小さなバッグには入らないし、それなりに気も使うし、すぐに電池残量はなくなるし、通信費だってバカにならないのです。

それに
必要もないのにパソコンを持ち歩くのって恥ずかしくない?

(/ω\)悲しき弱小ライターです

そんなこんなで最近、パソコンを持ち歩くのをやめました。

 

折りたたみキーボードを使ってみた!

私は外出先ではスマホで用事を済ませています。

ネット上にファイルを共有できるアプリなどを使えば、スマホでもそれなりに仕事がこなせるし、不自由も感じないんですよね。

ただ、パソコンに慣れている私としてはスマホで長文を書くのは苦手なのん。
(/ω\)時間がかかりすぎるのよね。

そこで私は折りたたみキーボードをスマホと一緒に持ち歩くことにしました。

 

折りたたみキーボードは携帯用に非常にコンパクトになっているので、外出先での簡単な文章作成ならこれで十分です。

そんなにパソコン周辺機器の扱いに慣れていない私でもワンタッチでスマホとのペアリングができてしまうので、一人で設定ができました。

(ΦωΦ)技術の進歩ってすごいですね。

そして、このキーボードを選んだ理由がBackspaceキーがついていること。
パソコンのキーボードに近い配列だから、違和感が無く、使いやすいんですね。

アンドロイドにも対応しているので助かります(*´▽`*)

 

仕事以外でも使える、頼もしいヤツなんです

このキーボードって仕事で持ち歩く以外にも活躍します。

私の場合はPTA役員の仕事で使います

学校のPTAなどのやりとりは、ほとんどがスマホです。
電話も使うけど、メールやラインを使うことが多いんですよね。

細かく指示する際には長文になりやすいから、キーボードを使ってサクサク文章を打ち込めるので助かっています。

会議のメモも全部キーボードでスマホに打ち込んでます。
口頭でのやりとりも、手でノートに書きこむより早くタイピングできるから、わりと書き落すことが無いんですよね。

これ、後でPTAの引継ぎをする際にも、文章をプリントアウトするだけでいいから、とってもお薦めですよ。
手書きだったら、会議内容や伝達事項を後でもう一度「引継ぎノート」に綺麗に書き写さなきゃいけないから、時間も手間もかかるのよね。

こどもは学校の講義で使っています

ボールペンでノートに書き写すより早くタイピングできるなら、学校での講義でも、パソコンより簡単に持ち歩ける折りたたみキーボードが便利です。

この折りたたみキーボードならペンケースほどのサイズになるから、カバンの中に放り込んでおけるんですね。
(ΦωΦ)しかも一度充電すれば長時間使えるのも助かるのん

パソコンみたいに電池残量を気にする必要もないし、荷物も軽いし、本当に便利です。

 

折りたたみキーボードを選ぶポイント

私が折りたたみキーボードを選ぶ際には以下のポイントを最優先しました。

  1. 携帯性の良さ(コンパクトであること)
  2. ペアリングの簡単さ(複数のデバイスにペアリング可能なもの)
  3. 使い勝手の良さ(打ち込みの感触・反応の良さ)
携帯性

携帯しない人なら折りたたみである必要はありませんが、まず私は携帯する目的で選んだのでコンパクトであることが最優先です。

ペアリング

ペアリングについては、今はワンタッチでできてしまうものがほとんどです。家族で使う・仕事で使うことを考えてペアリング登録が複数できる物を選びました。

使い勝手

コンパクトを追求すると置き去りにされるのが打ち込みの快適さ。打ち込みの感触・パソコンに近い配列のものを選ぶのがベストです。

 

まとめ

折りたたみキーボードを使うようになってからわざわざパソコンを開く回数が減りました。

携帯性・機能ともに充実しているので、外出先に持ち歩くなら小さなパソコンよりも折りたたみキーボードがお薦めです。

パソコンを購入するよりはるかに安いのもポイントです!

(ΦωΦ)コスパ最高!