coreセレクト

素敵な商品のアレコレをネットで眺めて目の保養をするブログです

ダコタの二つ折り財布は使いやすい

以前、ダコタの折り財布を使っていました。

そして結婚してからは長財布のほうが大人っぽくてカッコいいような気がして、長財布を使うようになったんですね。
「折り財布ではお札が窮屈になるから長財布のほうがお札が喜んでお財布に居てくれる」 的な、金運風水みたいなのも気にしていましたし。

しかし、最近は薄い長財布の使いづらさにイラだつようになりました。 

cyancy.hateblo.jp

やはり、財布は使いやすくないといけません。

最近では、厚み4cmほどの「ギャルソン財布」というものを持ち歩くようになり、その使いやすさに感動しています。 cyancy.hateblo.jp

ギャルソン財布は使いやすさは抜群ですが、カバンの中で結構な存在感です。
やっぱり厚みがあるので、それなりに大きいんですよね。
そこで二つ折り財布のことを、ふと思い出したんですね。
 

思えば、ダコタの二つ折りの財布を使っていたとき、特に大きいだの重いだの考えもせず使っていました。

今思えば、あの二つ折り財布は、とても使いやすい財布だったのだな、と思った次第です。

前置きが長くなりましたが、今日は二つ折り財布について、私の経験から使い心地をご紹介してみたいと思います。

ダコタの二つ折り財布は使いやすい

私が使っていたのはダコタのクラプトンシリーズ

 

この財布を使っていのは20年近く前のことですが、今でも定番として販売されています。色はワインレッドを使っていました。

ダコタのお財布は革がとても風合いが良く、やわらかすぎず硬すぎず、革が好きな方にお薦めです。

 

ダコタ・クラプトンシリーズ 二つ折り財布のここがスゴイ

カードポケット

中を開くと8枚分のカードポケットがあります。
8つあるカードポケットのうち、4か所はスペースが大きくて2~3枚まとめて入れても大丈夫なのでかなりのカードが入りました。

札入れスペース

お札を入れるスペースが2つあり、レシートとお札を分けて入れることができます。
※レシートとお札を分けられるのは嬉しいポイント!
同じスペースにお札とレシートを入れなければいけない場合、お札を出したときにレシートがヒラヒラと落ちたり、お会計の時にお札に混ざって出てきてとてもカッコ悪いんです。

コインスペースはがま口

コインスペースが「がま口」なのはとても使いやすかったです。
ファスナーと違って、がま口は片手で開けることができて大きく開くのが嬉しいポイント。つまり中の硬貨が探しやすく取り出しやすいのです。

ダコタのがま口はしっかりしていて、長年使っても緩みませんでした。 

ダコタ リードクラシックとの違いは外ポケット!

 ダコタではクラプトンシリーズと似たデザインのリードクラシックというシリーズもあります。

リードクラシックシリーズはアンティーク調のカシメがデザインのポイントになった、その名のとおりクラシックなお財布です。

二つ折りのお財布で、クラプトンシリーズと同じがま口、同じ質感の革、財布の中のスペースも同じ仕様なので使い心地もほぼ一緒です。

財布の仕様の違いは外側にあります。

私の使っていたクラプトンシリーズの二つ折り財布はお財布の外側の底部分にチャックがついていて小さな外ポケットになっているんです。

邪魔にならない、お財布の底部分にチャックがあるのがポイントなの。
普通、小さなポケットは財布が膨らむと中の物が取り出しづらくなるんだけど、下側にチャックがあることで、取り出しやすくなっています。
増えすぎたポイントカードや診察券をまとめて収納できるので、カードが増えがちな方には嬉しいポケットです。

私はバイト先で指輪やピアスなどの小さなアクセサリーを外したとき、紛失防止のためにこのポケットに入れておきました。

 

ダコタ 二つ折り財布のまとめ

ダコタのクラプトンシリーズの二つ折り財布は使いやすく、収納も充実していたため「使いづらさ」を感じたことがありません。

一般的に二つ折り財布はお札を入れるスペースが狭く感じたりしますが、札束を入れるのでなければ十分なスペースです。
そもそも今はカード・電子マネーの時代ですから、広いお札スペースの必要性もなくなっていくと思われます。

なによりもコンパクトなのが嬉しいです。
小さなバッグにも余裕で入るし、がま口なので、小銭がたくさん入るのです。

結論:下手な長財布より、はるかに使いやすいと思います。

 

ちなみに、二つ折り財布のなかでも「ただ小さい」だけのお財布はとても使いづらいです。

 

ズッケロフィラートの二つ折り財布は、色やデザインも可愛らしく、いろいろ凝った収納があります。
しかし正直、使いやすさを意識したデザインではないように私には見えるのです。

お財布は見た目も大事ですが、使いやすさを考えて選ばないと後悔します。

 

同シリーズのダコタの長財布について

紹介したダコタの折り財布には、同じシリーズの長財布もあります。
しかし、折り財布と同じシリーズだからといって長財布が使いやすいとは限りません。

 

たっぷり収納できる、まるでポーチのような長財布。
購入評価も高くて人気のあるお財布ですが、お札やカードを出す際にお財布をベロンと大きく開くことになります。

わりと周囲の人に財布の中が丸見えになってしまう作りになっているので、使っていてあまり美しくないと思います。←個人的な美学です。

防犯という点でも、財布を大きく広げないとカードが出せないようなデザインの物は他人に財布の内容が丸見えになるのでお薦めできません。 

 

 リードクラシックは長財布もがま口仕様です。

 がま口は開け閉めが簡単で大きく開くのが嬉しいですね。
ファスナータイプの物はレシートや紙幣をファスナーに挟んでしまうと破れてしまいますが、がま口はその心配もありません。

ただリードクラシックの長財布は収納ポケットが少ないので、全てを同じスペースに収納するような感覚です。
レシートやポイントカードを溜めこんでしまうと財布の中がゴチャゴチャになりやすいのです。

(/ω\)奥さん、財布の中がカオスです。

 

 以上、二つ折り財布の使いやすさについてご紹介しました。 

 

 ダコタのお財布についてはこちらも併せてご覧ください。

cyancy.hateblo.jp