coreセレクト

素敵な商品のアレコレをネットで眺めて目の保養をするブログです

L字ファスナーの財布の使い心地をじっくり検証 良いところ・悪いところ

 

私はスマートな薄いお財布が欲しくて、ここ数年はL字ファスナーの財布を使っていました。

お財布は色だけでなく、形も様々ありますね。
そして使いやすさも人それぞれ。

お財布は実際に使ってみないとわからないものですね。

本日は、私の視点でL字ファスナーの財布の使い心地をまとめました。
良いところ・悪いところ全部書いています。

お財布選びの参考にしてください。

L字ファスナーの財布 良いところ・悪いところ

目次

 

実際に使った財布はこちら

私が使っていたL字ファスナーの財布です。

DAKS(ダックス)というイギリスのブランドなんだそうですが、ダックスのお財布はメイドインジャパンが多いようです。

f:id:cyancy:20180620095402j:plain

牛革にエンボスの柄が浮き上がる模様が素敵に見えて、デパートで一目惚れしました。
たぶん15,000円程度のお値段だったと思います。

※ちなみにメイドインジャパンということで、ファスナーもYKKです。

 

財布の裏はこのようになっていて、外側にもカード類や小銭が入れられるようになっています。

f:id:cyancy:20180620095452j:plain

基本的に革製品の外側ポケットというものは、カードを入れるとカードの形にふくれて、革にカードの跡がついてしまいます。
カードの形に黒ずんでしまうのでカッコ悪いんですよ。なので、カードは入れませんでした。

では小銭を入れるかと言えば、小銭入れのスペースはお財布の中にあります。
診察券もレシートもお財布の中に全て入ってしまいますから、普段から使うことはありませんでした。

一方、外出先で指輪やアクセサリーを外して、無くさないように収納するような場合に外側のポケットを利用していました。

 

ファスナ―の形状がポイント

L字ファスナーのお財布は、文字通りファスナー部分がL字になっているのが特徴です。

f:id:cyancy:20180620095520j:plain

 お財布は基本的に四角いので、例えばオールラウンド(ラウンドファスナー)タイプの財布は3面がファスナ―になっていて、財布を大きく開くことができます。

一方で、L字ファスナーは2面だけがファスナーになっているので財布は大きく開こくことができません。最大でこのくらいになります。

 

f:id:cyancy:20180620095552j:plain

ラウンドファスナーのタイプとどう違うか、という点で言えば、
ラウンドファスナーの財布よりもL字ファスナーの財布のほうが内部の仕切りが少なく、そのぶんお財布を閉じたときに厚みが薄いのですね。

 

中はカードポケットが12枚分、仕切りの無いポケットが2つ、そして小銭を入れるポケットが付いています。 

小銭入れはこんな感じ

f:id:cyancy:20180620095618j:plain

小銭入れの部分はファスナーがついていません。
最初はこんなオープンな小銭入れでは「お財布の中に小銭が散らかるんじゃないか」って不安になりましたが、お財布の中で散らばることはありませんでした。

 

使ってみた感想

L字ファスナーの特徴である『スマート』という部分も裏を返せば『たくさんモノが入らない』ということですから、良い点も悪い点も紙一重だと思います。

そんなことを頭に入れながら読んでください。

気になる点 

f:id:cyancy:20180620160545j:plain

ファスナーが自然と開く

L字ファスナーのお財布は構造上、どうもファスナーが自然と開きやすいようです。
気が付くと、いつも画像のような感じで2センチほど開いています。

ときどき、バッグの中に小銭がこぼれているんですよ(怒)

※これについては財布のデザインにもよるかもしれない。

 

ファスナーに紙をはさむ

ファスナーを開閉するときに紙幣やレシートが引っかかって破けてしまうことがあります。(特に急いでいるとき)

レジで何かが引っかかってファスナーが動かなくなってモタモタしました。(特に急いでいるとき)

これはファスナーの宿命なので仕方ありません。しかしYKKは優秀なので壊れません。

※ファスナータイプのお財布全般に当てはまります 

f:id:cyancy:20180620154322j:plain

薄い=スペースが狭いので手が入らない。

小銭入れに手が入りづらい。隅に入ってしまった小銭が取り出せなくなる。(特に急いでいるとき)

複数の小銭のなかから1円玉を何枚も出すときは、指で隅から小銭を転がして探すから、レジ前でモタモタします。(特に急いでいるとき) 

小銭が一か所に固まって探しづらい。(特に急いでいるとき) 

 

使い続けて3年。
最初は全く気にならなかったんですが、最近になって「あれ、この財布、使いづらいかも」と思うようになりました。 (特に急いでいるとき) 

 

まとめ

薄さにこだわるならL字ファスナーは優れています。

内部のコインスペースにファスナーがついていない長財布なら、使用時に何度もファスナーを開閉することもありません。
そして、仕切りが少ない分、非常にスリムです。

ただ長財布に限って言えば、お札の大きさが決まっているので、他の財布に比べて格段に小さいわけではありません。
よって、小さなポシェットに入れる機会が多いなら、折り財布がお薦めです。

ダコタは革の風合いが良いですね。
私はこの財布のワインレッドを使っていました。

 

L字ファスナーは見た目以上の収納力があります。
カードもかなり入るし、小銭も適度に入り、もちろんお札も入ります。
今はカードや電子マネーの時代ですから、大金をお財布に入れるということもありませんしね。

しかし、ポイントカードやレシートを溜めこんで、財布を常にパンパンにしてしまいがちな人には使いづらいお財布です。

大きく開くことができないので、中に何があるのかすぐにわかるように整理できないと、とても使いづらいのです。

f:id:cyancy:20180620160952j:plain

スマートなお財布をスマートに使うためには、こまめに財布の中を整理する必要があります。私は月に1回、整理していました。
※使いやすさという点で言えば週に1回はレシートなどを出して整理したほうが良いと思います。

 

年齢や、お財布を使う頻度、手の大きさ、持ち主が財布に求めているものによっても違うと思いますが 

( ゚Д゚)私は、中が見渡せないお財布に不自由を感じるようになりました。

そこで私が次に試しているのがギャルソン財布です。ギャルソン財布についてはこちらも併せてご覧ください。 

cyancy.hateblo.jp

 

あとね、私はぜひともお金持ちになりたいのね。
金運風水とか金運財布とかで
「お財布はお札がまっすぐに入る長財布がいい。牛革はおカネを貯める力がある。茶色はおカネを貯める力がある。」っていうし、長財布の牛革の茶色の財布を使ってみたワケですが、


基本、L字ファスナーの財布って、リッチな雰囲気は全くない。

 

( ゚Д゚)・・・。

よく考えたらおカネ持ちの人って、薄っぺらい財布、使ってないわよね。

L字ファスナーの財布って、薄すぎない? 

( ゚Д゚)お金のあるマダムってさ、黒くて大きな財布、使ってるよね?

 

スマートなお財布に手を突っ込んでいる場合じゃなかったかも。

よって、私はお財布を黒くて大きなギャルソン財布に買い換えました。
ギャルソン財布を使っています。
( ゚Д゚)大事なので2回言っちゃう

私が購入したお財布はこちらで紹介しています。併せてご覧ください。 

cyancy.hateblo.jp

 

 以上、L字ファスナーの財布について私の感想をご紹介しました。